ソニー

ソニー SONY ブラビア BRAVIA KJ-55X8500D KJ-65X8500D 紹介

更新日:

こんにちは! Shioです(*・`ω´・)ゞ

先月、ソニーさんの人気ゲーム機種PS4が4KとHDR対応された新型PS4 Proの発表がありました。発売日は2016年11月10日予定で、価格が4万4980円となっています。

正直高いなぁ。。。と思いますが、4KテレビとHDR対応、現状の最高の画質のゲームというのを是非体験してみたいです。

今回はPSとも相性ばっちりのソニーさんの液晶テレビでX8500Dシリーズを紹介していきます!

 

スポンサーリンク

 

商品スペック・仕様

発売日:2016年5月21日

X8500Dシリーズは、55型・65型と比較的大きめの2サイズがラインナップしています。機能性で異なる部分は無いようです。

消費電力など細かな詳細は、下記比較表でご確認頂けます。

特徴・機能

画質

X8500Dシリーズは4Kテレビとなっており、現在放送されている地デジやブルーレイの画質を4K画質相当へと画質をアップコンバートしてくれる、4K X-Reality PRO(4K エックス リアリティー プロ)が搭載されています。今までの機能に比べても2016年度のモデルは更にパワーアップしているのでよりリアリティ溢れる高画質を楽しめるようになっています。

HDR信号にも対応されており、明暗がクリアに表現される事により更に色鮮やかな質感を再現してくれます。近年のテレビでは、HDRに対応しているかどうかで購入を迷われる方もいるぐらいメジャーな機能の1つとなってきています。

音質・スピーカー

スピーカーについては、背面に低音の出力に強いバスレフ型スピーカーが搭載されています。また、CD以上(48kHz/24bit)にアップスケーリング(2chのみ)する「DSEE(ディーエスイーイー)」の機能により、広がりのある豊かな音源を実現しています。

録画

チューナーが2つ付いているので、別売りの外付けハードディスクに裏番組の録画可能となっています。予約方法も番組表から手軽に予約できるのも魅力的な所です。

また、スマートフォン向けアプリVideo & TV SideViewを使用する事により、外出先からでも予約録画ができる所が個人的には非常に便利な機能かと思います。

ネットサービス

X8500Dシリーズは、Android TV(TM)機能が搭載されているので、YouTubeやhulu・Netflixといった動画配信サービスをテレビの大画面で手軽に楽しむ事ができます。無線LAN内蔵となっているので、無線のネット環境が整っていれば簡単に接続できるかと思います。

その他

その他に特徴的な機能として、リモコンが音声検索機能付きとなっています。最近はスマホやパソコンでも音声検索の機能が付いている事が多く、直感的な操作ができる所に人気があります。

 

スポンサーリンク

 

評判・レビュー

GOOD良い点
・地上波放送でも画質が密に感じられ、4Kテレビとして非常に綺麗。
・本体はベゼルも狭く、厚みも薄いので壁掛けするのに便利。
・想像以上にリモコンの音声検索が便利に使用できます。
・・・などなど

BAD悪い点
・リモコンの操作が少し分かりづらい部分がある。
・若干反応速度もっさりで気になる人はいるかもしれない。
・・・などなど

 

ポイントまとめ

ソニーさんのX8500Dシリーズは、個人的には4K大型テレビのエントリーモデル的な位置づけではないかと思っています。公式としては、プレミアム4Kの括りになっています。

特別に画質・音質など飛びぬけた部分はありませんが、4Kテレビの美しさやネット接続でAndroid TV™機能を活かした動画配信サービスを大画面で楽しんだりできるなど弱点が少ないのかなとは思います。

また、ソニーさんのテレビを購入する方に多く見られる傾向として、壁掛けできるかどうかも判断されている方が多くいらっしゃいます。X8500Dシリーズについても壁掛け可能でデザインもかっこいいと思いますのでポイントの1つです。

価格を調べたい方は↓




-ソニー
-

Copyright© テレビ情報通 , 2019 All Rights Reserved.