東芝

東芝 TOSHIBA レグザ REGZA 43Z700X 49Z700X 55Z700X 紹介

更新日:

こんにちは! Shioです(*・`ω´・)ゞ

先日、東芝エルイートレーディングから懐かしのカセットテープをSDカードやUSBメモリーに保存できるCDラジカセ「TY-CDX9」が発売されました。

昔は、音楽のランキングチャートなんかをカセットに録音し、使い過ぎかテープが切れてラジカセに詰まりテンパってたなぁなどを思い出しました。。。今後どうしてもカセットの音を保存したい方には、良い製品かもしれませんね!

さてさて今回は、液晶テレビで東芝さんのZ700Xシリーズを紹介していきます!

 

スポンサーリンク

 

商品スペック・仕様

発売日:2016年4月21日

Z700Xシリーズは、全サイズが同時に発売された事もあり、サイズによる機能性の違いはありません。消費電力の省エネ率がサイズにより変わってくるぐらいです。

詳細は、下記比較表にてご確認下さい。

特徴・機能

画質

Z700Xシリーズは、エントリータイプであるM500Xと異なり、全面直下LEDバックライトが採用されています。また、エリアコントロール制御により部分ごとの明るさに対応できるため、黒色が映えているのも特徴です。パネルも広視野角が魅力のIPSパネルとなっているのもポイントの1つです。個人的にはG20Xの上位後継機種といったイメージかなと思います。

HDMI®接続時のHDR信号(Ultra HD Blu-ray™のHDR信号)入力にも対応しているので、対応するコンテンツであれば高コントラストの映像美を楽しむ事ができます。最近の4Kテレビにはほとんど4Kアップデートの機能が付いていますが、Z700Xシリーズにもちろん4KマスターリファインPROという名称で地デジ・BDなどを4K画素に近い画質へとコンバートしてくれます。細かな所もクリアに表現された高画質な映像を再現します。

音質・スピーカー

音響については、ラビリンスバスレフ型BOXによる豊かな低音と組み合わせた高い能率と耐入力を持ったスピーカー、20Wの高出力アンプによって力強く明瞭な音質を楽しめるレグザパワーオーディオシステムを搭載しています。

録画

Z700Xシリーズの大きな魅力の1つとして、過去の番組が視聴できる「タイムシフトマシン」機能が搭載されています。別売りのUSBハードディスクに地デジ番組を最大で6チャンネル、時間についてはHDの容量に左右されますが、4TBで24時間録画を3日間程度録画可能となっています。

この機能の便利な所は、録画時間・曜日を自分で自由に設定できる所です。例えば、平日の夜6時から夜中の2時までの録画を設定する事により、長い日数の録画(設定によっては1週間以上)ができるので見逃してガックリという事がなくなるかと思います。

また、もっと長い時間録画したいといった方には録画時間増設用の端子に新たにUSBハードディスクを追加することで、更に長時間・日数を録画する事ができます。

ネットサービス

こちらも最近の液晶テレビならほとんどが対応しているNETFLIX・YouTube・dTVなどの動画配信サービスをテレビで手軽に楽しめます。無線LAN内蔵となっていますので、ネット接続についても簡単に行えるかと思います。

その他

REGZAと言えば昔から有名である、ゲーム専用のモードが用意されており、4Kゲーム・ターボを使用すると画像処理の遅延時間を約0.6フレームとなっています。格闘ゲームやFPSなどでストレス無く快適にプレイできるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

評判・レビュー

GOOD良い点
・4Kアプコンが効いているせいか、発色も良く満足できる画質です。
・タイムシフトマシンはとても便利で気に入っています。
・倍速も付いており、ゲームプレイ時の応答性能も良く、快適にプレイできます。
・4本脚は見た目もスッキリとして良いデザイン。
・番組表を表示させる際の速度が速くて良い。
・・・などなど

BAD悪い点
・音質については、拘る方は別途スピーカーが必要かな。
・テレビ単体でHuluやamazonプライムビデオを見れるようにして欲しい。。。
・・・などなど

 

ポイントまとめ

Z700Xシリーズは現在はM500Xシリーズの上位機種の位置づけとなっており、IPSパネル・直下型部分駆動バックライトになっているなど完全に別物の機種といった上位機種の様に感じられます。

特に注目すべきポイントしては、タイムシフトマシン機能が付いている所が魅力的な部分ではないでしょうか。また、画質についても4K高画質・倍速の強さなどM500Xシリーズよりも明らかに上位の機種となっています。

価格的には、それなりの値段に感じますが購入された方の評判も良く、買って後悔という事は少ないぐらい高機能の4Kテレビとなっていると思います。更に上位のZ20Xについては、現行の最高レベルとなりますが、ここまで液晶テレビを拘る方は少なく、台数的に売れるのは、Z700X・M500Xシリーズになりそうです。

価格を調べたい方は↓




-東芝
-

Copyright© テレビ情報通 , 2019 All Rights Reserved.